振袖の歴史と現代

和のこころ

自分にあった振袖選びのポイント

振袖はハレの日に着る着物として定着していますが、成人式や同窓会だけでなく、結婚式や各種のパーティーなど、フォーマルな場所で着用しても大丈夫です。
基本的に派手な色彩が特徴ですが、黒や紺などの落ち着いた色合いのものも多く、着ていく場所や目的に合わせて適切なものを選べます。
同窓会や成人式などは赤や黄色などの派手な色合いのものが選ばれる傾向があり、多くの商品がラインナップされています。
スタイルが決まっているのでアレンジの幅は限られるので、バッグやアクセサリー・ジュエリーなどでアクセントをつけるのが一般的で、首にかけるフェイクファーがもっとも定番アイテムです。
季節によっても着用する色合いを変えるのがお洒落とされていて、夏には水色や黄色などの爽やかで涼しげな色が好まれ、冬には紺や黒などのシックなものが好まれるのが特徴です。
かつては、振袖を着用するのは未婚の女性に限られていましたが、近年は未婚・既婚にかかわらず着用する傾向が強く、既婚の女性でも着用する機会が増えています。
フォーマルな場所でも着用できる衣装ですが、華やかで目立つので、結婚式などでの着用は、新婦側の許可が得られた場合に限ったほうが良いです。

振袖の歴史と現代での位置づけ

振袖とは文字通り、振り回せるぐらい長い袖を有する着物のことで、その長さによって大中小に分かれます。
これの元になった着物は中世の時代から存在しましたが、その頃は男女ともに着用していたようです。
現代に伝わっている振袖が完成したのは江戸時代のことで、この時代に女性の袖はどんどん長くなっていきました。
袖が長くなった理由には諸説あります。
当時の若い娘は舞踊を習うことが多く、その身ぶりを華やかに見せるために袖が長くなったのだというのも有力な説のひとつです。
その当時は若い娘はみな振袖を着ていたものですが、明治以降は洋服の流行もあってそんな風習も次第に廃れていきました。
現代では高級な衣装という位置づけになり、着用するのは成人式などの特別の日に限定されています。
そのため、自分では所有せずに必要な時だけレンタルするケースも増えてきました。
同時に、自分で着こなせる人も少なくなり、周囲にもその方法を知る人間がいない場合は着付け師の手を借りることになります。
このように我々の日常生活からは疎遠な存在にはなってはいますが、その華やかな美しさから世界的にも高い評価を受けている衣装であることも確かです。
したがって、このまま消滅することがないように何世代も先の未来までその存在を残していきたいものです。

Favorite

オンライン英会話
http://www.hanaso.jp/
卒業 記念品
http://www.glass-art.jp/
東京の交際クラブなら
http://www.club-ange.com/
基礎2級
http://www.e-monozo.com/shopbrand/027/X/
モバイルバッテリーなら
http://www.nobil.org/
タイルカーペット専門店
http://stepline.jp/tile-carpet.html
結婚式 プロフィールビデオ
http://k-film-k.com/
生命保険ランキング
http://roam2rome.com/seimei/

2016/6/22 更新